弁護士ブログ

2022/01/31

勾留却下について

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所長崎オフィス 代表弁護士の坪井智之です。

ご家族が逮捕された方、逮捕されたご家族の方を早急に釈放しませんか?

警察署に留置されると、被逮捕者は精神的に辛く、追い込まれてしまいます。

当事務所では、これまで多数の勾留却下の実績があります。逮捕は争うことができませんが、勾留の請求は争うことができます。

先日も当事務所では、住居侵入罪について、検察官により勾留請求されましたが、争った結果無事に勾留却下になり、釈放になりました。

当事務所では、早期釈放に力を入れております。

勾留請求をされたくないと思った方は、当事務所の長崎オフィスに是非一度ご連絡ください。

一人で悩まずに新たな一歩をわたしたちと。

刑事事件でお悩みの方は、刑事事件の解決実績豊富な弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所へ!!

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所長崎オフィス
代表弁護士 坪井智之


閉じる
初回の相談料無料
閉じる
リモート相談OK/電話相談・リモート相談対応可
閉じる
キッズスペース完備/お子様連れでのご相談も可能
閉じる
面会交流サポート制度
閉じる
新型コロナウイルス感染対策について

ページ上部に戻る

電話する アクセス ぺージトップ