法律相談コラム

2022/02/15

離婚に関する問題Q&A 9

Q 交際相手が、携帯電話の着信履歴やメールを見るなど、私の行動を監視し、気に入らないと家から出られなくします。どうすればよいですか?

恋人からの身体的・精神的・性的な暴力は、デートDVと呼ばれ、高校生や大学生等、若い男女の間でも頻繁に起こっています。特に行動監視等の「束縛」は若い人に多いと思われます。

DV防止法は、生活の本拠を共にする交際相手からの暴力もDV防止法の対象となります。生活の本拠を共にすると認められるのかの判断は、同居期間の長短のみではなく、同居解消後に引き続き暴力を受けている方も保護の対象となります。

また、DV防止法以外にも加害態様によっては、刑法やストーカー規制法の対象となります。

このような交際相手からのDVでお悩みの方は、まずはお気軽に当長崎オフィスの弁護士までご相談ください。

一人で悩まず、新たな一歩を私たちと


閉じる
初回の相談料無料
閉じる
リモート相談OK/電話相談・リモート相談対応可
閉じる
キッズスペース完備/お子様連れでのご相談も可能
閉じる
面会交流サポート制度
閉じる
新型コロナウイルス感染対策について

ページ上部に戻る

電話する アクセス ぺージトップ