労使問題(従業員側)

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所では、以下のような相談が数多く寄せられております。

労働問題の解決のためには様々な手段があります。
労働基準監督署への相談、労働局へのあっせん、民事調停、労働審判、訴訟などが主な例です。
問題の程度や勤務を継続するのかどうか、社内に味方がいるか、精神的にどの程度支障をきたしているかなど、様々な事情によって、どのような手段が適切かの判断は人により変わってきます。
 しかし、その判断は非常に専門的であり、特に苦しい状況にある方が一人で判断するのには困難を伴うケースが多くあります。

当事務所では、多くの労働問題を扱っておりますので、その経験を踏まえ、現在抱えている問題に対し、どのようなアプローチが適切かをアドバイスさせていただきます。
上記のような労働問題でお悩みの方は、当事務所長崎オフィスに一度ご連絡ください。

閉じる
初回の相談料無料
閉じる
リモート相談OK/電話相談・リモート相談対応可
閉じる
キッズスペース完備/お子様連れでのご相談も可能
閉じる
面会交流サポート制度
閉じる
新型コロナウイルス感染対策について

ページ上部に戻る

電話する アクセス ぺージトップ