DV

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所では、精神的なDV(モラハラ)や身体的なDVに関するご相談を多数お受けしております。
DVの被害にあわれている方は、弁護士が介在することで少しでも安全な状態で離婚の手続きを進めることができ、また、調停などの手続きを行うことでよりスムーズに離婚手続きを進めることができます。
配偶者の暴力(身体的、精神的暴力)で悩んでいる方は、すぐにでも当事務所までご連絡下さい。

よくある相談例

上記のようなお悩みのご相談をよくお受けしております。
このような配偶者からの暴力は、日常的に起こるため、肉体的にも精神的にも負担が大きいです。また、DVを行う配偶者によくある例として、DVを行う一面がある一方で急に優しくなる一面もあるなど「飴と鞭」のように接する方が多く、その優しい一面についDVを受け入れてしまい、自分が精神的な病気に罹患するまで我慢しているような方も少なくありません。DVの被害を受けている方には、自分自身がDVを受けていることに自覚がない方も多数います。DVかも、もしくは友人や周囲の方が,あなたの置かれている立場をDVと表現した場合には,まずは弁護士にご相談ください。
弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所長崎オフィスでは、初回相談料無料のため、相談のハードルは低く、もしかしたらDVかも・・・という状況の方であってもお気軽にご相談いただければと思います。

もしも、今自分がDVをうけているかもと感じている方は、まずは弁護士にご相談下さい。精神的なDVや肉体的なDVは、離婚事由になるだけではなく、状況次第では保護命令の申立てを行う必要があるケースもあります。
また、精神的なDVは、非常に立証が困難であるため、早めに弁護士に相談することで証拠の集め方等もアドバイス致します。
もちろん、離婚だけがすべてはありません。事情により離婚ができない方もいらっしゃると思います。そのような方には、離婚するか否か、離婚以外になにか方法がないか等カウンセリングとしてお話をお聞きすることも可能です。
DV問題は、家庭内の問題であり、親族や友人にもご相談しにくい問題です。そのような場合でも弁護士であれば、守秘義務があるため、安心してご相談していただけます。 

DVが原因による刑事問題

昨今、配偶者への暴力は、傷害事件や暴行事件として厳しく取り締まられており、刑事事件にまで発展し、逮捕される方が増えております。
このように刑事事件になった場合、加害者としては早急に弁護士を介入させ、お話し合いを行うことで、勾留を避けることができるケースや不起訴処分で終結できるケースがあります。

他方で、被害者の方にとっても,このように大ごとになるとは思わなかったと感じるケースも多数散見されております。
けがの程度等にもよりますが、配偶者の暴力で警察に通報した場合には、配偶者が逮捕となり、場合によっては懲役刑になることも十分ありえます。

このように刑事事件になった場合には、早期の対応が必要となってきます。
当事務所では、配偶者暴力に関する刑事事件についてもご相談をお受けしております。

閉じる
初回の相談料無料
閉じる
リモート相談OK/電話相談・リモート相談対応可
閉じる
キッズスペース完備/お子様連れでのご相談も可能
閉じる
面会交流サポート制度
閉じる
新型コロナウイルス感染対策について

ページ上部に戻る

電話する アクセス ぺージトップ